我孫子市バリアフリーマップおでかけマップらっく楽!あびこ 目次へスキップ

サイト内検索:

※Internet Explorer8ではレイアウト等が
正しく表示されないことがあります

文字サイズ:

色合い:

  • 標準
ここから本文です

失語のある人向け意思疎通支援者とは?

ちょっとした会話のコツをつかめば、失語のある人の心をつなぐことができます。

失語のある人の社会参加のために
失語は、脳出血や脳梗塞など脳血管障害や事故などで大脳が傷つくことで起こる言葉の障害です。失語になると、「話す」「聞く」「読む」「書く」「計算する」などの機能が不自由になります。症状が重いほど日常のコミュニケーションや社会活動への参加が難しくなるため、失語のことをよく理解し、コミュニケーションを補いながら一緒に会話できる人が必要になります。
我孫子市では、失語に関する知識と会話技術を習得し、コミュニケーションの支援を行う失語のある人向け意思疎通支援者の派遣をしています。
失語によって、言いたいことが伝わらず悩んでいる方、ことばを聞いて理解することがむずかしい方など、一緒にコミュニケーションを楽しみませんか。

どんなときに利用できるの?

話し相手がほしい・・・
外出したいけれど、コミュニケーションが不安・・・
そのようなときに、失語のことを理解して、言葉を補いながら会話ができる意思疎通支援者を派遣します。

交流できる場はないの?

「保健センター」と「こもれび」には、失語の方が気軽に集まれる交流の場があります。意思疎通支援者が一対一でコミュニケーションのお相手をしますので、ぜひご参加ください。

【毎週水曜】保健センター
【毎週金曜】東我孫子近隣センターこもれび
いずれも午後2時から3時までです。

■対象 市内に在住する失語の方
■費用 無料

【お申し込み・お問い合わせ先】
障害者福祉センター TEL:04-7185-1124 FAX:04-7188-0242

 
我孫子市役所 健康福祉部 障害福祉支援課 障害者福祉センター
〒270-1112 我孫子市新木1637番地
TEL:04-7185-1124 FAX:04-7188-0242
E-mail:rakkurakuabiko@city.abiko.chiba.jp
ホームページ:www.rakkurakuabiko.net
【注意】当センターへメールを送信する際、添付ファイル容量・ウイルスチェック・禁止ワード等により稀にメールがブロックされる場合があります。重要なメールなど送達の確認が必要な時は、開封確認付きメールにて送信をお願いします。