我孫子市バリアフリーマップおでかけマップらっく楽!あびこ 目次へスキップ

サイト内検索:

※Internet Explorer8ではレイアウト等が
正しく表示されないことがあります

文字サイズ:

色合い:

  • 標準
ここから本文です

もうご存じですね・・・ほじょ犬

少しずつ活躍の場を広げている「ほじょ犬」のこと、もっともっと知ってください

「身体障害者補助犬法」をご存じですか?

ほじょ犬(補助犬)は、目や耳、身体の不自由な方ために働く盲導犬、介助犬、聴導犬の総称で、平成15年10月以降は、それまでの公共の施設や交通機関に加えて、デパートやスーパー、ホテル、飲食店などの一般の施設にも同伴できるようになりました。
この法律では、補助犬の訓練事業者の国による指定、指定法人による認定制度を設け、より高い適性と能力のあるほじょ犬を育成するよう義務づけるとともに、これを受け入れる公共施設や商業施設などにも、支障のないほじょ犬の受け入れを義務づけています。一方で、ほじょ犬を使用する側にも、適切な管理責任を求めており、それぞれが責任を分担しながら、だれもが自立して社会参加ができる環境をめざします。

ほじょ犬案内ステッカーの画像

まちなかでほじょ犬を見かけたら…

ほじょ犬は、認定をうけた特別な犬なので、吠えたり暴れたりはしません。でも口笛を吹いたり、触ったりするのはやめましょう。まちなかのほじょ犬は仕事中なのです。そして、困っている人がいたら、気軽にお手伝いの意思を伝えてください。

●盲導犬
視覚障害のある方を、まちなかの障害物を避けながら安全に誘導するのが仕事です。体にハーネスというハンドルをつけているのが特徴です。
●介助犬
身体の不自由な方の手足となって働きます。ドアを開けたり、電気をつけたり、ベッドへの移動を介助したり、使用者の障害に応じて活躍します。
●聴導犬
聴覚障害のある方に音を知らせます。お湯の沸く音、ドアのチャイム、電話やFAX、車のクラクションなどを聞き分けて伝えます。

もっともっとほじょ犬が、自由にまちに出て行けるよう皆さんも応援してください。

 
我孫子市役所 健康福祉部 障害福祉支援課 障害者福祉センター
〒270-1112 我孫子市新木1637番地
TEL:04-7185-1124 FAX:04-7188-0242
E-mail:rakkurakuabiko@city.abiko.chiba.jp
ホームページ:www.rakkurakuabiko.net