我孫子市バリアフリーマップおでかけマップらっく楽!あびこ 目次へスキップ

サイト内検索:

※Internet Explorer8ではレイアウト等が
正しく表示されないことがあります

文字サイズ:

色合い:

  • 標準
ここから本文です

内部障害をご存じですか?

外見から障害があることがわかりにくいので、周囲の理解を得にくいことが多いのです

体の内部にある障害を内部障害といいます

内部障害とは、身体の内部にある臓器などの障害をいいます。特に、心臓、じん臓、呼吸器、ぼうこうまたは直腸、小腸もしくはヒト免疫不全ウィルスによる免疫の機能障害が永続して、日常生活に何らかの制限を強く受ける方については、身体障害者としての認定を受けることもできます。ところが、同じような日常生活上の制限を受けながら、身体障害者としての認定を受けられない方も大勢います。
こうした内部障害を持つ方は、日常生活上での様々な制約があるにもかかわらず、外見からは障害があることがわかりにくいことから、周囲の人々の理解を得られないことが多いのです。
例えば、障害者用駐車場に、内部障害の方が車を駐車したとします。身体内部の障害による運動機能制限のため、 歩行に制約があり、なるべく店内に入りやすい場所に車をとめたい、と思っています。しかし、周囲からは「障害者(車イス)じゃないのにとめている」と指摘されることもしばしばです。

「ハート・プラス」は、内部障害者を示すシンボルマークです

そこで内部障害のある方のハンディキャップを、多くの方に理解していただくため、「ハート・プラス」というシンボルマークが誕生しました。

シンボルマーク「ハートプラス」の画像

もし、このマークをご利用されている方を見かけたら、次のような配慮が望まれます。
●電車・バス等で優先席への配慮
●障害者用駐車場使用への配慮
●近くでの携帯電話使用の配慮 (ペースメーカーの誤作動の危険性)
●酸素ボンベや液化酸素装置の近くでの喫煙等火気使用の配慮
●盗難防止ゲートによる磁場への配慮(別の入り口に通してもらう)
●その他諸々の配慮

「内部障害者・内臓疾患者の暮らしを考えるハート・プラスの会」ホームページ
http://www.normanet.ne.jp/~h-plus/
市民の皆様、是非ご協力をお願い致します
※ただし、このマークは、公的機関が定めた内部障害者を示すシンボルマークではないので、法的拘束力を持ち合わせたものではありません

 
我孫子市役所 健康福祉部 障害福祉支援課 障害者福祉センター
〒270-1112 我孫子市新木1637番地
TEL:04-7185-1124 FAX:04-7188-0242
E-mail:rakkurakuabiko@city.abiko.chiba.jp
ホームページ:www.rakkurakuabiko.net